読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝ラン門限六時半

ほぼ朝ランだけ@札幌

痛くないのは素晴らしい〜札幌千歳50km走その後

メモ

50km走の影響

千歳までの50km走をして、カラダがどうなったのか。今まではこのくらい一気に走ると、数日は激しい筋肉痛だったり、カラダのどこかしこが痛んでました。

  • 筋肉痛なし
  • 故障なし
  • 全身のだるさはかなりあり

日曜日に走って月火と、ストレッチくらいしかしない完全オフ。にも関わらず、水曜日の今日もまだカラダの芯に疲れが残っている感じがありました。きつかった印象は全くなかったけれど、50km走はあなどれない。70kmやその先の100kmも、どうなるんだかわからなくて不安になります。でも恐れず、侮らず。50km走のシューズはスノーターサー(アスクラのインソールなし)だったので、夏靴に変えたらもっと走れるんだろうというワクワク感は大事にしつつ。

No Pain , Yes We Fun

とは言え、50kmを走って膝や腰に痛みが一切出なかったのはホントうれしい。痛みを気にしながら走ると、楽しさが1/4くらいになる。カラダができてきたのもあるだろうし、膝や腰に負担のかからないフォームになってきたのもあるのだろう。「痛みは避けがたいが苦しみはオプショナル」とは村上春樹さんの言葉ですが、痛まずに、苦しみは楽しみに変えて走りたいものです。洞爺サブ3.5、サロマ完走を目指しての練習が修行にならないように気を付けたい。