読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝ラン門限六時半

ほぼ朝ランだけ@札幌

第12回札幌~支笏湖 ウルトラチャレンジ_結果

出走記

7時間47分くらいで無事に完走。

こんなに楽しく70km、札幌〜支笏湖の往復70kmを楽しめたなんて。この感慨をツマミにしばらくうまいハイボールが飲めそうだ。

天候

予報ではスタートから雨。

f:id:gyouzalove_run:20130915050618p:plain

スタート時点では強雨と書いてあるが…。

f:id:gyouzalove_run:20130915063000j:plain

天気予報どおりww。激雨を飲み込み切れないマンホールが吹き出てるの図。激雨で会場へ行くまでに全身びしょ濡れ&JRが来なくてスタートにギリギリで会場へ到着。

スタート〜ゴール

スタートまでに雨が上がるかと期待するも、小雨の中スタート。

f:id:gyouzalove_run:20130915075700j:plain

スタートして500m地点でGarminがおかしいことに気づく。先日の練習後にリセットしておらず、すでに10km走ったことになってる…。あわててリセット。

ちなみにオートストップを切ったつもりでオートラップを解除しており、5kmごとのペースは未計測!

f:id:gyouzalove_run:20130915082500j:plain

石山で信号待ち。右の方はでかいうまい棒を小脇に抱えて(超苦行)完走してるし、左のメイドさんは60km〜65km地点で一緒に爆走させていただいた。このときにお会いしてたとは。

f:id:gyouzalove_run:20130915110200j:plain

ここはたぶん、いちばん上がりきった「ようこそ支笏湖」の縦看板を過ぎて三つくらい続くタイトな下りコーナーのところ。

往路はずっと雨。5km〜15kmくらいがいちばん激しく、ずぶ濡れのびしょ濡れ。レインウェアを着ていたが、レインウェアの限界はやすやす突破。シンプルにビニール袋をかぶった方がよかったのかな。靴の中もじゃばじゃばだった。

上りはまったり走ったが、下りは飛ばした。オコタンペ右折看板を過ぎてから湖畔までの5kmくらいは、キロ5を切るスピードで走っていた。スピードを緩めるより、そこそこで走った方が脚にダメージないかなと思って。

実際のところ、腹筋と背筋のあるうちはそこそこ飛ばした方がよいと思った。脚ではなく、腹筋背筋がなくなるとモロに脚に来ちゃうのでペースを落とさざるをえない。

f:id:gyouzalove_run:20130915115500j:plain

4時間ちょうどで折り返し地点へ到着。

前半は抑えるもなにも、雨にやられてペース上がらず。エイドごとにゆっくり休んだし無理しなかったので、想定通りのよいペース。

復路は40km地点くらいから雨がほぼ上がり、ウインドブレーカーを脱いで快適に走れた。ずっとどしゃ降りだったらと思うとぞっとする…。

f:id:gyouzalove_run:20130915134700j:plain

ポタージュ!

15/65km地点のエイドだったと思うが、行きは味噌汁、帰りはポタージュをいただいた。寒かったところにあたたかい汁物はなによりの贅沢。全身があたたまってかなり疲労が回復した。

ウインナーや漬物など、他では見ない給食が楽しかった。最初のエイドからコンスタントに食べて、でもそれなりにセーブし食べ過ぎずお腹は最後まで無事だった。冷えないよう、脱いだウインドブレーカーをお腹に巻きつけていたのもよかったと思う。

f:id:gyouzalove_run:20130915141500j:plain

アイスコーヒー!

各エイドではそれぞれ趣向を凝らした給食が用意されており、甘いものやしょっぱいもの、ドリンクも豊富でコーヒー飲んじゃったりして(まったり落ち着いちゃって動きたくなくなったけどw)。

往路はただエイド楽しいってだけだったが、復路のエイドは気持ちの生命線。5kmごとにあるエイドを目標にして走って、気持ちが繋がった。

エイドは給食が楽しみなこともあるし距離の目印になるのもあるが、ボランティアの方々とのふれあいが楽しかった。ひとことふたこと励ましてくれる言葉、交わすたわいもない会話がどれだけ疲れた心をリセットしてくれたか。

この雨の中、長い時間ほんとうにお疲れさまでした。超ありがとう。

f:id:gyouzalove_run:20130915143700j:plain

真駒内カントリークラブの坂。最後の上り坂。

ウルチャレのコースは絶妙な坂配置。往路は小ボス(真駒内カントリークラブ)→中ボス(札幌市境界)→大ボス(ようこそ支笏湖看板)→湖畔まで下りっぱなし。復路はその逆で、脚のなくなった最終盤は10kmずっと下れる。

最初から最後までアップダウンしかないけれど、上り下りのメリハリがあってマイペースで走れるのがよかった。上りも下りも、ここでこれならこなせるなって配置だったし。

60km地点のエイドで残りサブ8まで1時間15分。キロ7で走ればサブ8だが、ここからは信号あるしエイドやトイレ休憩を考慮するとギリギリ。行けるかどうかってとこでいいペースのランナー(メイドのコスプレをした方)を発見、後ろにつかせていただく。

メイドさん後ろにくっついて60km〜65kmはキロ5で爆走。サブ8の貯金をたっぷり作ってゴールまで。

f:id:gyouzalove_run:20130915154700j:plain

無事にゴール。すごくうれしかった。マイペースで最後まで走り切れたのがうれしかった。

途中でくたびれて歩いちゃうランナーがいるなかでも
同じようにマイペースで走り続け…
最後まで自分のペースを守ってしっかりとゴールイン!!
そういう人をすごくかっこいいなぁ〜とも思うのだ
(マラソン2年生/たかぎなおこ)

レース直前に読んでいて、まったくそのとおりだなと。頑張らないってわけじゃなく、自分なりに頑張って最後まで走り切る。

道マラのときもそうだったが、タイムは意識しつつも、走っちゃえば、どう走り切るかが満足度の大きなポイントになるんじゃないかなと。自分が走る目的って、マイペースでしっかり走ってゴールイン!なのかなって。

f:id:gyouzalove_run:20130915160500j:plain

完走後にいただいた食券でうどん。カツカレーを食べたい気持ちもあったが、胃が受け付けてくれなさそうでw。

f:id:gyouzalove_run:20130915164200j:plain

ビール飲みながら真駒内駅までフラフラ歩く。このビールはうまかったなあ〜。

反省

遅刻した以外は無し。トイレも適宜行けたし。

装備&補給

雨の日はビニール袋>ウインドブレーカーなのか。

ずっと雨でアップダウンしかないコースでも、足裏がノーダメージ。一箇所も皮が向けてないし爪も問題なし。アスリートクラブのインソールすごいな。もしかしたらRxL SOCKSのメリノウールソックスの方がよいのかもだけどw。

ファイントラックのインナー、さすがにこの雨だと効果を発揮。雨上がりの乾きがすごくよくて、後半の快走に繋がったと思う。

腰に張ったニューハレテープは、やっぱり大正解。最後まで腰が重くならなかった。膝は無くても大丈夫だったし、足首も要らない。ゲイターも無しで何ら問題なかった。

感想

いい走りができたからってのもあるが、ウルチャレはすごくいい大会で、ぜひ来年もまた走りたい。エイドが楽しいし、コースもアップダウンはキツいけれど単調じゃないので楽しめる。

サロマとウルチャレで比較すると、やっぱサロマの方が圧倒的にキツい。けど、サロマはまた違う感じでストイックな厳しさを楽しむレースなのかなって。厳しさの中に、ウルチャレで見つけた楽しみやよろこびを見出すのがサロマなのかもってふと思った。

制限時間もゆるいので、フルを走りきれる人は参加してみてはいかがでしょうか。


備忘録として記載。

食事

前々日夕食

f:id:gyouzalove_run:20130913184953j:plain

ハンバーグをいただく。ごはんは普通盛り。野菜とベーコンのスープで疲労回復。

前日朝食

前夜のスープにごはんを投入し、卵を落として。

前日昼食

f:id:gyouzalove_run:20130914124544j:plain

道マラ前夜のカレーの冷凍したのが残っていたので食べる。

前日夕食

f:id:gyouzalove_run:20130914183325j:plain

予定通り手巻き。安全策で刺し身は無しにした。ごはんは酢飯にせず、具を海苔で巻くだけ。それほど食べまくってはいないが、カレーにしろ手巻きにしろ、自分で量を調整して食べれるものがよい。

f:id:gyouzalove_run:20130914195146j:plain

デザートに手作りケーキonチョコアイス。チョコアイスが勝りすぎ、手作りケーキの繊細な味は霧散w。

f:id:gyouzalove_run:20130915035558j:plain

前回同様、高タンパク質高脂肪食&コーヒーがぶ飲み。結果的にまったく問題なく、餅を食べまくったりしていたのよりは圧倒的に胃腸の調子がよい。シャリバテも感じなかったので、もうこの路線でOKだと思う。