読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝ラン門限六時半

ほぼ朝ランだけ@札幌

LSDが痛みを招く?〜Tarzanと膝痛考

左腰痛と右膝痛の慢性化

故障を抱えて走るのはストレスになるし、それだけは避けねばと思ってましたが、先日のつどーむ100周でこじらせてしまいました。2週間ほど経ちますが、治りかけては痛むの繰り返し。腰は左上部が鈍痛、右膝は真ん中上部が走ると痛むのです。

一日一歩、三日で三歩、三歩進んで五歩下がれない

日常生活では大丈夫でも、いざ走り出すと痛むのです。痛んだ原因は、そこまでの耐性がないのに走り過ぎたからでしょう。2週間くらい休めば完全に治りそうですが、それだけ休んでまた一歩ずつというのが嫌で…。

Taezan読んでひらめいた

今朝は月曜日なのでランオフでした。日曜日は膝が痛くなって予定を切り上げているので、休むべき日。でも寝る前に読んだTaezanのラン特集(ベアフットランのあたり)がなんとなくひっかかっていて、走ることにしました。

f:id:gyouzalove_run:20120213203430p:plain

ゆっくり走るとき、雑になってないか?

日曜日はLSDの日だったんですが、キロ7分のスローペースだからと雑に走っていた記憶があります。着地時に膝を伸ばし切って、だらだら走ってた。骨盤も後傾していたし、丹田とかは気にしてなかった。それで膝やら腰が痛くなったんじゃないかと。

ダイレクト

腰もなんですが、だらしなく走ると着地の衝撃をうまく吸収できません。衝撃のほとんどを関節で受けてしまい、そして痛む。しっかりしたフォームで走れば太ももやふくらはぎ、お尻や腹筋などで衝撃をうまく吸収できるので、関節は痛まない。LSDだからとナメて走っちゃだめなのです。

ノーペイン、ゲイン

今朝、しっかりしたフォームを意識して走ってみたら、腰も膝もどこも痛くない。ペースは上げ目で走りましたが、痛む気配がまったくありません。痛みを恐れてゆっくり走って、それでフォームを崩して逆に痛ませていたのかも。そういやつどーむ100周の際、ラスト25周をキロ7分まで落として走る練習をしてまして、それが原因か!?

LSD=サロマ終盤ペースとすると

ゆっくり走ってフォームを崩し、それで膝やら腰が痛くなるなら、サロマの終盤では必ず痛みに襲われる。LSDはキロ7分で長時間走ればいいってわけじゃなく、スローペースでもしっかり走るツラい練習なんだ。頭ではわかってたけど、身につまされました。しばらく怖くてLSDできないな…。

という妄想w

あくまでそう思ってるだけで、正解は違うかも知れません。痛みの原因はひとそれぞれだし、そのときどきだし。ただし「しっかり走る=骨盤の前傾を保ち、膝を伸ばし切って着地しない」ことで痛みが出ないなら、自分にはそれが合っている。合ってるのかどうか、明日も走ってみて確かめたい。

Tarzanのランニング特集について

えーと、いつものTarzan。自分のやってることや目指す方向とは違いますが、「ランニングのことについて書かれた雑誌」として楽しく読めますし、参考になるところもあります。ノースフェイスのランニングアパレル興味ある、と思いつつどうせ合うサイズないんだろうなとふてくされw。